借金問題を整理する方法

借金問題を整理する方法

借金問題を整理する方法

借金がある場合の、債務整理の方法には5種類あります。

 

それは、任意整理、特定調停、民事再生、自己破産、過払い金の返還です。

 

まず任意整理とは、公的機関を通す必要がなく、払わなくてもよいはずの利息を取り返すことができるものです。金融業者に通知することで、取り立てをストップさせることも可能で、任意整理をすることによって借金額がへったり、なくなることもあります。

 

そして特定調停とは、個人で行うことができる債務整理のことです。個人で手続きをすることができるので、費用が安くすむというメリットがあります。しかし、債権者ごとの手続きのため、その都度、自分で裁判所へ出向かなければならないという弱点もあります。費用は安くすみますが、時間と根気が必要となります。

 

民事再生とは、住宅ローン以外の借金を減額することができる債務整理の方法です。住宅を手放さなくてもよく、借金の総額を3年以内に返すという条件で5分の1にすることができます。

 

自己破産は、借金を返すことが不可能になった人のために、国が定めている救済方法です。借金が帳消しになり、家賃などの滞納も支払わなくてよくなります。ただし、マイホームがある場合や、車がある場合などは、それらを手放さなければなりません。弁護士や税理士など、資格がある仕事の場合は、その資格を失うこととなります。

 

最後に過払い金の返還とは、法律で決められている利息にもとづいて、過払い金がかえってくるというものです。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法