借金の催促がキツい時の対処法

借金の催促がキツい時の対処法

借金の催促がキツい時の対処法

たとえ、相手が友だちだといっても、お金に関してはきちんとしていた方がいいですね。友だちが昔の借金をなかなか返してくれないという場合、その友だちが2年もあなたの催促に耐えて、返さなければ時効がきてしまいます。「返さないと法的措置を取ります」と内容証明の催促状を送っても、無視していればいいのです。簡易裁判は比較的低料金でできますが、たとえ、訴訟を起こしても、相手がその借金の事実を認めなければ、通常の裁判に移行しますから、かなり多額の費用がかかることになります。もし、相手が借金をみとめたとしても、相手に支払い能力がないとか、支払う財産があったとしても、それを意図的に隠されれば、それ以上はどうにもできません。もちろん、そのように訴訟沙汰になれば、友人関係はぼろぼろになります。借りたお金を返さないということだけで、すでに友人関係は破綻しているわけですが、相手が「お金を貸してくれ」という場合、そういう状況に陥る可能性も考慮した上で、もし、返されなくても後悔しないという気持ちで、つまりは、あげるつもりで貸すことがいいと思います。そうでなければ貸さないことです。友人に借金の催促をするのも、逆に、こちらが良心の呵責を感じたりして、なかなか精神的につらいことです。世の中不景気で、そのようなお金のトラブルは周りの人からいろいろ聞きます。しかし、金銭などの損得を超えた関係が友情でしょうから、それがお金でふいにならないよう気を付けるべきでしょう。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法