借金は債務整理で解決

借金は債務整理で解決

借金は債務整理で解決

借金の返済が滞ってどうしようもなくなってしまった場合には「債務整理」と言う手段で借金から解放されることができるかもしれません。
債務整理には主に3種類あります。
「任意整理」は専門家が債務者に代わって債権者と交渉をし、支払が可能になる金額まで借金を減額してもらう方法です。
交渉が成立すれば債務者は残りの借金を3~5年で支払う必要があります。
「民事再生」は裁判所に依頼することで借金を最大で10分の1まで減額してもらい、残りを3年かけて支払っていく方法です。
任意整理と民事再生のメリットは車や家などの財産を手放す必要がないことにあります。
「自己破産」は最終的にとる手段であり、裁判所に申請をしてこれ以上債務の返済が無理だと判断された場合に税金以外の全ての借金が免除されますが、マイホームや価値のある車も処分される可能性が高いです。
民事再生と自己破産を行うと官報に掲載されますが、一般の人が官報を見ることはほとんどありません。
これらの債務整理の手段をとることにより、この情報が信用情報機関に掲載されます。
これをいわゆる「ブラックリストに載る」と言い、案件に応じて数か月~10年間のブラックリストに掲載されている間は新しく融資を受けたり、クレジットカードを作ることもできません。
債務整理にはその他にも手段がありますが、自分に合った債務整理の方法を選択できるように弁護士か司法書士などの専門家に相談することをおすすめします。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法