賢い借金返済方法※借金問題は解決できる!

賢い借金返済方法※借金問題は解決できる!

賢い借金返済方法※借金問題は解決できる!

借金に悩む人は多く、表向きに相談できる話題ではないので一人で抱え込んでいる方もいます。

 

今後の生活を豊かなものにするためにも今ある借金をどのような方法で返済していくのかという
しっかりとした返済計画を立てることが借金問題を解決するカギとなるでしょう。

 

 

 

借金返済が困難だという人は・・・

もう自分の収入では借金返済できないという人は
債務整理で借金問題を解決する方法もあります。
まずはこちらで無料診断してみて!


⇒匿名で無料診断してみる

 

現状を把握して借金返済計画を立てる

 

あなたは今どの金融機関でいくら借り入れをしていますか??

 

借金の総額や金利について答えられる人はしっかりと返済計画を立てている人が多いかもしれません。
借金返済に困る人の多くは少額のお金を複数の金融機関から借りている人。
複数社で借り入れをしていることにより借金残高の把握が複雑になってしまい、返済を忘れてしまう・遅れてしまうといったリスクが高くなってしまいます。

 

賢い借金返済方法を選択するためにまず確認すべきことは2つ!
借金の総額を知る

借金返済計画を立てるためには、まずは自分が今どこからいくら借金をしているのかを把握する必要があります。
金融機関のローンで借金してしまった方は、必ず金利分もついてきますので、金利分を含め返済しなければいけない額をきちんと計算してみてください。
紙に書き出すのが1番実感が湧くかもしれません。

 

借金がいくら減っているかを知る

借金をするとほとんどの金融機関でついてくるのが金利。
簡単にお金を借りられるところは、かわりに金利の設定が高いことも多いです。
毎月返済している金額のうちいくらが借金の返済に当てられるのか
すなわち毎月いくら借金が減っているのかを知ることであと何回の返済で借金を完済できるのかを知ることができます。

借金の元本を減らしていかなければ借金はなくなりません。毎月の返済のほとんどが金利に充てられているのではいつまでたっても完済に近づけません。

 

 

・ヤミ金で困っているならこちら


⇒ウイズユー司法書士事務所に無料相談してみる

 

現状を把握することが完済への第一歩

見直してみると、借りている金融機関により借り入れ金額も違えば金利も差があるかもしれません。
金利の高い借入は繰り上げ返済をして早めに完済するなどしていけば高い金利を支払う回数が減るためそれだけでも負担減になります。

ただし繰り上げ返済には手数料がかかってしまう金融機関もあるため、下調べは十分に行っておきましょう。

 

専門家に相談してみるのも賢い方法!

「計算してみよう」といっては見たもののなかなか利息計算は自分では難しいものです。
複数金融機関に借入をしている場合は合算して計画を立てることも、金利等が異なってくるととても複雑です。

 

そんな時はやはり専門家に相談をするというのも一つの方法でしょう。
相談に行くほどではないと思ってしまう人も多いかもしれませんが、借金返済計画を本当に実行できるきちんとしたものにしたいのであれば
多少お金がかかってしまっても仕方がないでしょう。

相談することにより私達が知らない返済方法を提案してもらえる可能性もあります。
返済が困難な状況にある場合は債務整理についても聞いてみるのがいいでしょう。

 

無料相談があるから安心

最近では無料相談ができる法律事務所も増えています。
相談に行くのも勇気がいるという人はまず無料相談に行ってみて今後の返済方法について考えてみるのもいいかもしれません。

 

無料相談ができるおすすめの事務所はこちら

 


⇒借金お助け相談センターに無料相談してみる

フリーダイヤル:0066-971-794-7938

 


⇒岡田法律事務所に無料相談してみる

フリーダイヤル:0120-863-673

 

 

借金返済方法とは

自己破産2回目や借金が重なった事情は人によって様々です。遊びやギャンブルに多額のお金を投入した方、株やFXなどの投資関連で失敗した方、車や家のローンを組んでいたが収入が減って返済が出来なくなったなど、生きてきた人生模様をあらわしているとも言えます。出来てしまったものはとにかく返さねばなしません。借金返済方法をどうやって考えるかが完済できるかのポイントになってきます。金融機関のローンで借金してしまった方は、必ず金利分もついてきますので、まず金利分を含め、返済しなければいけない額をきちんと計算しなければいけません。計算出来たらその金額と向き合い、自分の毎月の給料分から定期的にどれくらいずつ返していけるかを判断し、どれくらいの期間で完済出来るかを確認します。宝くじが当たるなどの不確定要素が多分にある借金返済方法を夢見てはいけません。借金返済方法は自力でやっていける範囲内で検討することが、結局は完済への一番近い道のりになります。生活のためにやむを得なく借金がかさんでしまう場合もありますので、借金してしまったことに多くの罪悪感や後悔の気持ちを持つ必要はありません。お金が必要な時期というのが人生にはあるものです。ローンなどでは月々に返す金額さえきちんと払っていればルール的には問題ありません。返済の計画を立てて完済という目標に向かえば良いのです。
カードローンやクレジットカードのキャッシング、消費者金融など、現代の日本社会にはお金を借りることのできる手段が数多く存在しています。これらの金融商品は便利に利用することで、いざという時に生活の助けとなりますが、あくまでも借りたお金であるため、きちんとした返済計画を立てる必要があります。

 

借金返済方法の極意

複数の金融機関からお金を少しずつ借りている、というような人も世の中には決して少なくはありませんが、このような借り方だとどの金融機関からいくら借りて、いつまでにいくらのお金を返せばよいのかがだんだんとわからなくなってくるものです。金融機関によって利息や返済予定日は異なるため、複数の金融機関からお金を借りてしまうと、計画的な返済がしづらくなってしまうのです。もしもこのような状況に陥ってしまった場合、どのような借金返済方法をとれば良いのでしょうか。
最も適切な借金返済方法の一つとして、借金を一本化することを挙げられます。この借金返済方法は借り換えローンやおまとめローンなどと呼ばれ、一つの金融機関から借金を一括返済できるだけのお金を借りて、他の金融機関から借りたお金を全て清算してしまうという方法になります。
これによって借りたお金の元本が変わるわけではありませんが、借金が一社にまとまるので支払金額の残りや利息などが明瞭化されて、返済計画が立てやすくなるのです。また借り換え先の金融機関の金利が低ければ、利息の節約になり、支払総額を減らすことも可能になるのです。
住宅ローンや自動車ローン、カードローンなど借り入れの方法にも様々な種類がありますが、いずれの場合も利息もつけてきちんと返済していかなくてはいけません。
返済計画はきちんと立てておきたいですが、長い期間の間には返済が難しくなってしまう場合もあるものです。
収入が思うようにアップしない、転職や失業などで収入が減ってしまうという場合もあります。
そして無計画な借り入れを続けた場合も返済が厳しくなってしまう場合があります。

 

借金の返済の方法って?

とはいえ、返済が厳しいとはいえ、それで許されるというわけではありませんので、改めて借金返済方法について考え直していきましょう。
まず高金利の借り入れをしている場合はより低金利のローンに借り換えることで返済が楽になる場合もあります。
安定した収入のある方あら、複数ある借金をひとつにまとめることも考えてみましょう。
そして、借り換えなどの借金返済方法ではまだ十分ではないという場合は債務整理が選ばれる場合もあります。
債務整理では債権者と話し合うことで将来の利息をカットしてもらうなどで返済を楽にする任意整理、過払い金がある場合はまずはそれを取り戻す手続きもよく行われています。
住宅を守りながら借金返済を楽にするのであれば、民事再生という方法もありますし、どうしても厳しいという場合は自己破産で返済を免除してもらう方法もあります。
借金返済方法はそれぞれ向いている方法が違いますので、返済方法で悩んだ場合は弁護士などの専門家に相談し、アドバイスしてもらうことも考えみましょう。

リンクX1_top1
更新履歴